鉄鋼メーカーのやりがい

鉄鋼メーカー求人TOP >> 鉄鋼メーカーの転職の基礎 >> 鉄鋼メーカーのやりがい

鉄鋼メーカーのやりがい

鉄鋼メーカーの将来性ですが、堅調で推移するのではないかとみられています。世界鉄鋼協会という組織があるのですが、世界の鉄鋼消費量を見ると毎年15億トンを超える数値を記録しています。明らかにダウンしている年度はなく、安定した状態が続いています。世界的な需要が安定しているのが要因で、欧米や中国、インドからの需要が高止まりになっています。このように鉄鋼業界はグローバルな舞台で活躍できる業種です。

日本の鉄鋼メーカーで製造している製鉄ですが、世界各国に輸出されています。特に最近の傾向として、A.S.E.A.N.や韓国、中国といったアジアエリアへの輸出が活発になっています。いずれも共通しているのは、経済発展が著しいことです。ビルや鉄道、橋梁といったインフラの建設も盛んに行われていて、いずれも作るのに鉄は欠かせない原料になります。日本の鉄鋼は世界でも有数の規模を誇っています。2014年のデータによると日本の鉄鋼生産量は1億1067万トンとなっています。これは国別でみると中国に次ぐ規模になります。日本の鉄鋼メーカーは、世界中から求められていると言えます。

なぜ日本の鉄鋼業界が世界でも大きな存在感を発揮しているかですが、それは技術力にあります。日本は長年の歴史の中で、高度な鉄鋼を生産するノウハウを持っていて、それが大きな武器になっているのです。自動車や石油や天然ガスの採掘などの鋼板は高度な技術が要求されます。このようなジャンルで日本は圧倒的な技術力で独壇場と化しています。この日本の技術力は既存の製品を作るだけでなく、新しい素材を開発する方面にも使われています。新規素材ができれば、新たなマーケットを開拓する可能性も出てきます。このため、日本は世界の市場の中でも当面は高い競争力を有し続けるのではないかとみられているのです。

また省エネも日本の鉄鋼の競争力を支える武器です。鉄鋼業界は、エネルギーを大量消費する産業といわれています。特に鉄鋼生産するためには、石炭を大量に消費する必要があります。1トンの粗鋼を生産するために必要な石炭の量ですが、中国は1.5トン、アメリカも1トン程度は必要になるとみられています。しかし日本では0.6トンの石炭消費で生産できる能力を有しています。このようなコスパの良さも、日本の鉄鋼技術が世界で高く評価されている原因です。高い競争力を持った日本の鉄鋼メーカーの将来性は、明るいとみる専門家が多いのです。

鉄鋼メーカーの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 鉄鋼メーカー求人ランキング All Rights Reserved.