鉄鋼メーカーの仕事内容

鉄鋼メーカー求人TOP >> 鉄鋼メーカーの転職の基礎 >> 鉄鋼メーカーの仕事内容

鉄鋼メーカーの仕事内容

鉄鋼メーカーの仕事内容ですが、まずは技術系とそれ以外に分類ができます。技術系の中でもいくつかの職種があります。技術系の中では研究開発関係の仕事があります。鉄鋼素材の開発や最先端技術に関しての研究などが主な仕事内容です。世界レベルで鉄鋼業界の技術開発競争は進められているので、いかに先端技術の開発を早く進めていくかが重要なポイントになってきています。

生産関係の職種の場合、効率的に製造するための生産管理の仕事があります。生産管理は生産スケジュールの作成や進行・在庫の管理、資材の発注、納期への対応といったことを担当します。また品質管理も生産現場では重要な役割を果たしていて、生産された製品の品質をチェックして、必要に応じて品質改善の提言などを行います。

技術系以外の職種も鉄鋼メーカーにはたくさんあります。特に欠かせないものとして、営業職があります。建設会社など鉄鋼メーカーの得意先を回って、商品の提案や新規商品の売り込みを行います。相手がどのような製品を求めているのかを推測する、円滑にコミュニケーションをして信頼関係を構築することが求められます。国内だけでなく、海外の得意先相手に仕事をする人もいて、海外営業と独立した部門を有しているメーカーもあります。

その他にも鉄鋼メーカー以外の業種でもある職種もたくさん見られます。例えば、経営戦略や事業計画の企画を立案し遂行する、経営資源の配分を検討する経営企画があります。企業経営という部分では中核を担う業務になります。また採用計画や人事制度の策定、人事評価、育成といったものを担当する人事も鉄鋼メーカーでは有しています。庶務や法務、経営管理といった総務を担当するスタッフもいます。いわゆる一般事務と呼ばれる仕事をします。さらに資金調達や投資、帳簿作成といった金銭面でメーカーを支える経理財務も鉄鋼メーカーのほとんどで有しています。ただし人事や総務、経理に関しては鉄鋼メーカーによって、同じ部署で業務しているようなケースもありますから注意しましょう。

このように鉄鋼メーカーでも、いろいろな職種の方が活躍をしています。鉄鋼メーカーに転職しようと思っているのであれば、募集職種はきちんと確認することです。鉄鋼メーカーの中途採用を見てみると、全部の部門で募集の出ていることはまれです。特定の職種で募集が出てきます。ですから中途採用を見る時には、まず募集職種を確認することです。そして自分の経験を活かせる、自分が希望する職種の募集が出ているかどうかをチェックしましょう。

鉄鋼メーカーの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 鉄鋼メーカー求人ランキング All Rights Reserved.